2010年05月26日

山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)

 地方自治体の首長らが結成した「日本創新党」党首の山田宏・東京都杉並区長は25日、区長を辞職し、夏の参院選比例代表に立候補する意向を固めた。同日午後、区役所で会見し正式表明する。同党は30日に都内で結党大会を予定しており、党幹部は「党大会前に決断すると以前から言っていた。区政との関係も考え、決めたのだろう」と語った。

 日本創新党は13日、参院選比例代表に中田宏・前横浜市長らを擁立するなど、計6人の第1次公認候補を発表。山田氏は公認発表の会見で、自らの出馬について「『党首であるあなたが立たないとだめだ』という声も多く、尊重しつつ早期に答えを出したい」と話していた。【笈田直樹】

口蹄疫 殺処分11万8000頭 ワクチンで感染抑制 宮崎県知事、非常事態宣言(産経新聞)
DPC新係数は「病院の機能を評価」―厚労省医療課主査(医療介護CBニュース)
<覚せい剤>300キロ密輸、会社役員に無期判決 福岡地裁(毎日新聞)
連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)
<口蹄疫>「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設(毎日新聞)
posted by カワゾエ ノブユキ at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。